News

東洋学研究情報センターセミナー 「韓国美術文化特講-高麗・朝鮮王朝の美術への誘い」のご案内

 日韓国交正常化50周年に当たる本年は多くのイヴェントが行われており、秋・冬期には、泉屋博古館にて特別展「高麗仏画―香り立つ装飾美」(11月3日~12月4日)、大和文華館にて特別企画展「朝鮮の絵画と工芸」(11月18日~12月25日)が開催されます。
 これを機に、韓国文化の粋とも称すべき高麗・朝鮮王朝の美術の鑑賞の手引きとなる講座を企画しました。
 学生を対象としておりますが、関心のある方、奮ってご参加ください。

開催情報

主催:韓国国際交流財団(Korea Foundation)東京事務所
   東京大学東洋文化研究所附属東洋学研究情報センター

場所:東洋文化研究所3階 大会議室

日時:2016年7月19日(火)13時~18時

プログラム

13:00~13:15
ご挨拶 崔玄洙(韓国国際交流財団東京事務所長)

13:30~14:45
高麗仏画と日本·中国の仏画
鄭于澤(東国大学校教授、博物館館長)

15:00~16:30
高麗と朝鮮王朝の仏教彫刻に見られる普遍性と特殊性
鄭恩雨(東亜大学校教授、博物館館長)

16:45~17:45
高麗・朝鮮王朝における李郭派の系譜
板倉聖哲(東京大学東洋文化研究所・情報学環教授)

18:00 終了予定

懇親会


担当:板倉(東京大学東洋文化研究所教授)



登録種別:その他
登録日時:MonJun1310:24:482016
登録者 :板倉・酒井・藤岡
掲載期間:20160613 - 20160719
当日期間:20160719 - 20160719