News

2013年5月7日、ソウル大学アジアセンターでJSPSアジアアフリカ学術基盤形成事業「アジア比較社会研究のフロンティア」の成果を報告しました

 現在、本学学際情報学府とソウル大学、北京大学の間で共同E授業を実施していますが、同授業の本学でのコーディネーター役をしている園田茂人教授が、授業のためにソウル大学に向かい、その足で同大学アジアセンター主催のコロキウムで報告を行いました。
 テーマは、”Is Asian Sociology Possible? : Challenges and Attainment of Three-year Project ‘Frontier of Comparative Studies of Asian Societies’ (FY2010-2012) “。東文研の東洋学研究情報センターを拠点に行われたJSPSアジアアフリカ学術形成事業「アジア比較社会研究のフロンティア」の3年間の成果を説明するとともに、プロジェクトを実施する過程で明らかになったアジアの社会学研究を巡る現状などについて報告がなされました。
 アジア研究を強化しようとするソウル大学では、現在、各種プロジェクトが立ち上がっていますが、これらを管理している参加者たちからは、アジアで研究者を糾合する際のポイントや成果のまとめ方、若手研究者へのインセンティブの与え方、アジア間比較にあまり関心を示さない研究者へのアプローチ方法など、具体的・現実的な質問が出されました。
 2時間強に及ぶ報告・討論は熱のこもったもので、ソウル大学におけるアジア研究への関心の高さを彷彿とさせるものでした。

(文責:園田茂人)


ソウル大学アジアセンターでJSPSアジアアフリカ学術基盤形成事業「アジア比較社会研究のフロンティア」の成果を報告しました。
コロキウム・コーディネーター役の姜明求教授

ソウル大学アジアセンターでJSPSアジアアフリカ学術基盤形成事業「アジア比較社会研究のフロンティア」の成果を報告しました。
スピーチを行う園田教授

ソウル大学アジアセンターでJSPSアジアアフリカ学術基盤形成事業「アジア比較社会研究のフロンティア」の成果を報告しました。
当日のスライド(クリックで全文が見れます)



登録種別:研究活動記録
登録日時:WedMay812:23:552013
登録者 :園田・藤岡
掲載期間:20130507 - 20140508
当日期間:20130507 - 20130507