News

1月25日・26日にDuisburg-Essen大学で共同ワークショップ「比較研究・トランスナショナル研究の新展開」が実施されました

  2013年1月25日(金)・26日(土)の両日、ドイツのDuisburg-Essen大学で東京大学との共同ワークショップ New Directions in Comparative and Transnational Studiesが開催されました。同ワークショップは、同大学がDFGの支援を受けて実施している Risk and East Asiaと題する教育プログラムの一環として、日本では東京大学の情報学環を拠点の一つにサマースクールを実施してきたことから、若手研究者を中心にした報告会を行なおうとして実施されたものです。 (http://www.uni-due.de/in-east/50/?tx_ttnews%5Btt_news%5D=282&cHash=69407edef5c52b56239b75a9426a5185)
  東京大学から5名、Duisburg-Essen大学から4名の学生が集まり、双方の教員・研究者も2名ずつ報告に参加した形でワークショップが実施されました。
  JSPSアジアアフリカ学術基盤形成事業「アジア比較社会研究のフロンティア」の活動経験をもとに、園田教授は25日の午前、”Comparing East Asian Multinationals in China”と題する報告を行い、活発な討論がされました。ワークショップでは、ドイツの博士課程学生にとって、2つのアジアの言語を習得して比較を進めることがきわめてむずかしいことから、どうしても一国中心的研究にならざるをえないことが指摘されました。そして、比較研究は博士学位取得以後のチャレンジになるとされましたが、その点、アジアの若手研究者に比較優位があり、アジア研究のポスドク研究者を受け入れる東洋文化研究所の存在は貴重であるとのことでした。


1月25日・26日にDuisburg-Essen大学で共同ワークショップ「比較研究・トランスナショナル研究の新展開」が実施されました
ワークショップの様子(1)

1月25日・26日にDuisburg-Essen大学で共同ワークショップ「比較研究・トランスナショナル研究の新展開」が実施されました
ワークショップの様子(2)

1月25日・26日にDuisburg-Essen大学で共同ワークショップ「比較研究・トランスナショナル研究の新展開」が実施されました
ワークショップの様子(3)



登録種別:研究活動記録
登録日時:WedJan3012:32:052013
登録者 :園田・藤岡
掲載期間:20130130 - 20140130
当日期間:20130125 - 20130126