1
機関名 シンガポール国立図書館(National Library Board)
住所・位置

100 Victoria St.

建物は左右をNorth Bridge Rd.とVictoria St.に挟まれているため,どちらの通りからも入ることができる。ちなみにBain St.を挟んで後方(南西側)は書店が多く入った雑居ビル「Bras Basah Complex(百勝楼)」である。
アクセス

◆ MRT City Hall駅から:出口Bを出て右手へ(方角で言うと北東へ)North Bridge Rd.に沿って歩いて約6分。途中かの有名なRaffles Hotelの側廊を通る。通り終えた所の道路を挟んだ斜め前方が国立図書館。

◆ MRT Bugis駅から:地上へ出てCity Hall駅の方向へ(方角で言うと南西へ)Victoria St.もしくはNorth Bridge Rd.を歩いて約4分。どちらの通りを歩いても着く。

開館時間 (月〜日)10:00〜21:00
(祝祭日)休館
(12月31日,旧正月の大晦日,クリスマス・イブ) 10:00〜17:00
入館証申請 開架図書やマイクロフィルムを閲覧・複写するだけなら入館証の申請は不要。閉架図書を閲覧する場合,地下1階でReaders Ticketの申請が必要。外国パスポートで以て申請・取得したReaders Ticketの有効期間は発行から1年間。
借り出し 外国パスポートで以て申請・取得した入館証では借り出しができないので要注意。そもそもLee Kong Chian Reference Library所蔵の文献は全点が借り出し禁止となっている。
所蔵 シンガポールに関する史料(Singapore and Southeast Asian Collections)240,000点,貴重書(Rare Materials Collection)5,000点,アジアの映画(Asian Film Archive Collection)等。
利用方法

◆ 当館のwebなどで利用文献の所蔵が確認できているのであれば,まずエレベーターで該当する階へ上がる。例えば,政府の官報(Singapore Government Gazette)からシンガポール・マレー文学,語学教材に至るまでシンガポールに関する文献の多くは「Lee Kong Chian Reference Library (李光前参考図書館)」(7〜13階)の中にある「Singapore and Southeast Asian Collections」(11階)に所蔵されている。11階では,探知機のゲートをくぐると左手にロッカールームがあるので,そこに手荷物を預ける(コイン不要)。ただし書籍類が入っていないバッグは,職員に確認をしてもらった上で閲覧室に持ち込むことが許可される場合もあるが,退室時に再度職員に中を見せる必要がある。

◆ 閉架図書の閲覧であればインフォメーション・カウンターで書類に所定事項を記入し,待つ。マイクロフィルムはインフォメーション・カウンターとマイクロフィルム閲覧室との中間右手にあるキャビネットの中に配置されているので,そこから取り出してマイクロフィルム閲覧室へ持って行く。なおマイクロフィルム閲覧室のマイクロフィルム・リーダーには複写機は付いていない。

◆ シンガポールの新聞も閲覧が可能であり,館内に設置されているパソコンで検索し,請求するようになっている。中国医学やマレー文学に関する文献は「Chinese, Malay and Tamil Collections」(9階)に所蔵されている。貴重書は「Rare Materials Collection」(13階)に所蔵されているが,閲覧は事前に当館の許可を得る必要がある。

◆ 館内には「Library e-Kiosk」が設置されている。この機械に国立図書館の入館証を挿入すると書籍の借り出し・返却状況などが表示されるようになっている。また「NETS」機能が付加されている現地銀行のキャッシュカードを持っていれば「CashCard」の残額確認やチャージ等も行うことができる。
文献複写

◆ 例えば「Singapore and Southeast Asian Collections」(11階)であれば,入って右手奥にコピールームがあるので,そこで職員に文献を見せた上で複写を行う。装丁や紙質が劣化していると複写を断られることもある。11階には一般のコピー機が4台,カラーコピー機が1台,マイクロフィルム対応のコピー機が2台設置されている。モノクロコピーであれば,複写機に「CashCard」を挿入して複写するだけであるが,カラーコピーとマイクロフィルムの複写は複写後にコピールームの職員に料金を支払うシステムになっている。コピーが済んだ書籍は閲覧室に配置されている黒い返却台の上に置く。複写料金は次のとおり。
図書モノクロ:A4(S$0.08/枚);A3(S$0.16/枚)
図書カラー:A4(S$0.50/枚);A3(S$1.00/枚)
マイクロフィルム:A4(S$0.60/枚);A3(S$0.90/枚)

◆ 「CashCard」は当館の複写室でも販売されている(内S$2.00はデポジット)が,現行のS$7.00のものは近い将来取り扱わなくなり,代りにS$10.00のものが登場するらしい。
その他

◆ Stamford Rd.にあった旧図書館は2004年3月に閉鎖され,近年竣工した当館へと移された。高層階からの眺望はすばらしく,シンガポール中心部の全景──遠くには観覧車,真下には教会やプラナカン様式の建築物──を楽しむことができる。

◆ 1階出口外にはカフェ「Han's」が入っており,軽食を取ることができる。

◆ 当館の刊行物の購入については「書店ガイド シンガポール」を参照のこと。
URL http://www.lib.gov.sg/
電話 6332-3255
FAX -
写真