News

東洋学研究情報センター・シンポジウム「東アジアにおける実景表現―比較の視点から」開催されました

  東洋文化研究所東アジア美術研究室では、長期にわたって東アジア絵画の情報の収集を行っています。東洋学研究情報センターで進行するプロジェクトの一環として、東アジアにおける実景表現に注目してシンポジウム「東アジアにおける実景表現―比較の視点から」を開催しました。


7月15日(火)15:00~18:00

於 東洋文化研究所第一会議室

15:00~15:45都甲さやか(九州大学)
「文徴明と石湖 ―呉派文人画壇による名勝図制作の一様相」
15:55~16:40大橋美織(静嘉堂文庫美術館)
「江戸後期における実景表現について」
16:50~17:35若松由理香(ハーヴァード大学、東洋文化研究所訪問研究員)
「近代日本絵画における風景の複合」
17:35~18:00ディスカッション
コメンテータ 佐藤康宏(東京大学)
コーディネーター 板倉聖哲(東京大学東洋文化研究所)

当日の様子


担当:板倉



登録種別:その他
登録日時:Wed Jul 16 14:06:34 2014
登録者 :板倉・野久保(撮影)・藤岡
掲載期間:20140715 - 20141015
当日期間:20140715 - 20140715