News

センターセミナー「映画から見る中東社会の変容 (『アッバス・キアロスタミ=その人間像:一つのイラン的な見方』)」が開催されました

報告

 2017年7月4日はアッバス・キアロスタミの一周忌にあたる。それに際して、映画『風が吹くまま』を題材として、キアロスタミの人間像を考える研究会を開催した。
 映画監督として世界的に名声を博したキアロスタミは、写真家、グラフィスト、画家、詩人など色々な顔も持つ芸術家であった。また映画製作においても監督だけではなく、脚本家、プロデューサーや編集者としても辣腕を振るっていた。
 加えて、キアロスタミは商業映画と距離を置いたこともあり、イラン国内においては典型的な「知識人」としてみられていた(いる)。けれども、彼の作品や社会的活動を鑑みると、キアロスタミと一般的な知識人像との間には乖離があると思われる。つまり、彼は反権力的でも、進歩的でもなかったということだ。キアロスタミは日常の政治との関わりを敬遠し、国家権力がどれほど横暴であっても抵抗することがほとんどなかった。しかし、政治に無関心だったわけではなく、革命をはじめ激動の時代を生きた彼は、一時的な社会の雰囲気に左右されずに、冷静に政治の現状を把握しようとしていた。この姿勢はその作品から読み取ることができる。また、キアロスタミは、例えば女性に関わる問題など、イランの進歩主義者が関心を強く寄せるテーマに関して、然程の注目も払っていなかった。さらに彼の生き方は「ネイティビスト」で「近代化懐疑論者」の側面を強く感じさせる。
 映画製作において、キアロスタミは多くの短編または長編の劇映画やドキュメンタリーをつくっており、そのジャンルも多岐にわたる。イラン国内外において最も評価の高い作品は、『そして人生はつづく』(1992年)、『オリーブの林をぬけて』(1994年)、『桜桃の味』(1997年)、そして今回取り上げた『風が吹くまま』(1999年)である。とくに『風が吹くまま』には、キアロスタミの「哲学」が最も顕著に表れているといえる。これらの作品では二つの対立軸でストーリーが展開される——「農村」対「都市」と「一般賢人」対「知識人」。キアロスタミは明らかに前者を褒め、後者に疑問符を投げかける。美しい自然を通じて育んだ英知をもつ正直者で勤勉な村民が称賛されるのである。
 それだけではない。これらの作品からキアロスタミ自身の「死生観」も読み取ることができる。彼は独自の視点から「生きる」意味を説こうとし、そこで「小さな幸せ」、「ポジティブな生き方」や「自然の神秘の発見」を賛美する。この点については「イスラーム(シーア派)」及び「イラン」的な死生観との乖離も否定できない。そして、もちろんそうした乖離には、時代的背景があり、革命や戦争や政治弾圧で多くの犠牲者を出した1980年代のイランの歴史がある。またもう一つ、注目すべきは、従来の作品とは違って、この4つ作品からは、オプティミストなキアロスタミを垣間見ることができることである。

(報告:ケイワン・アブドリ:中東映画研究会)

開催情報

【日時】2017年7月5日(水)17:30~(17:00開場)

【会場】東京大学 東洋文化研究所3階 大会議室

【コメンテーター】ケイワン・アブドリ(神奈川大学)

【題材】『風が吹くまま』(1999年イラン/アッバス・キアロスタミ監督作品)

【使用言語】日本語

【テーマ】キアロスタミ:人間像

【概要】
 アッバス・キアロスタミが亡くなって7月4日で一年となります。
 彼は対外的にイラン映画文化を代表する最も著名な監督でした。しかし、おそらくはその偉大さゆえ、国内において社会に投影された人物像と彼の実像の間に乖離が生じていた(いる)と言わざるを得ません。本研究会では、主に彼の作品を通じて「革命」、「女性」、「近代化」等政治・社会問題や「生」や「死」等哲学的な問題に対する彼の立ち位置およびその変化に関する一つの「イラン的な見方」を紹介します。

【主催】中東映画研究会

【共催】東京大学・東洋学研究情報センター・セミナー、東文研・班研究「中東の社会変容と思想運動」



登録種別:センター関連
登録日時:MonAug2111:58:272017
登録者 :長澤・後藤・藤岡
掲載期間:20170705 - 20180705
当日期間:20170705 - 20170705