News

2013年3月1日と2日の両日、東文研・中央研究院社会学研究所合同ワークショップ&2013年アジアバロメーターワークショップ「アジア社会の変化を捉える」が開催されました。

  2013年3月1日と2日の2日間、東洋文化研究所は、台湾の中央研究院社会学研究所と第4回合同ワークショップを行い、2013年アジアバロメーターワークショップと共同で「アジア社会の変化を捉える」というテーマのもと、研究報告会を行いました。中央研究院社会学研究所から4名の研究者が参加した以外に、高麗大学校から2名、中国社会科学院社会学研究所から2名、復旦大学社会学系から1名が、それぞれ参加しました。

  以下のようなプログラムとラインアップで16の研究報告が実施されましたが、それぞれのセッションでは熱のこもった討論が行われ、大成功に終わりました。最後の総括セッションで、中央研究院社会学研究所の䔥新煌所長は、今回のワークショップも大変に実りがあったこと、JSPSでの活動は終わるものの今後も東洋文化研究所との共同研究を続けていきたい旨の発言がありました。また、高麗大学校社会学科のKim Chul-kyoo教授から、高麗大学校としても今後とも大学院生レベルの交流を続けてきたいこと、そしてこれをできるだけ制度的に実施したいとの発言がありました。

  アジアアフリカ学術基盤形成事業の3年間を通じ、アジアバロメーターのデータを利用した報告が32本、中央研究院との共同ワークショップを通じて行われた報告が42本、アジアの社会学をめぐる報告が22本、合計96本の報告が行われたことになります。年間平均30本を超える報告を共有することで、東アジア域内の社会学者の交流は十分に達成され、アジアバロメーターを利用した論文もずいぶんと多く刊行されることになりました。そして何より、東アジアにおける社会学交流の基盤が確立され、東アジアにおける社会学を共同で考えるプラットフォームが出来上がりました。上記2名の発言も、「アジア比較社会研究のフロンティア」が多くの成果を出したことを傍証しており、コーディネーターとしても十分に役割を果たせたことをうれしく思っています。


2013年3月1日と2日の両日、東文研・中央研究院社会学研究所合同ワークショップ&2013年アジアバロメーターワークショップ「アジア社会の変化を捉える」が開催されました。
セミナー終了後の記念写真

2013年3月1日と2日の両日、東文研・中央研究院社会学研究所合同ワークショップ&2013年アジアバロメーターワークショップ「アジア社会の変化を捉える」が開催されました。
会場の様子(1)

2013年3月1日と2日の両日、東文研・中央研究院社会学研究所合同ワークショップ&2013年アジアバロメーターワークショップ「アジア社会の変化を捉える」が開催されました。
会場の様子(2)

2013年3月1日と2日の両日、東文研・中央研究院社会学研究所合同ワークショップ&2013年アジアバロメーターワークショップ「アジア社会の変化を捉える」が開催されました。
会場の様子(3)



登録種別:研究活動記録
登録日時:Mon Mar 4 13:50:49 2013
登録者 :園田・藤岡
掲載期間:20130302 - 20140304
当日期間:20130301 - 20130302